日本人にとっての英語 #4(リーガン講師の夫)

ちまたには、オンライン英会話スクールと称して沢山のサイトがあります。 ここに私は人件費に関して疑問を提示いたします。 質で言えばネイティブが最高なのでしょうが、ネイティブは英語が流暢に話せるだけで、なんら経験もなく英語圏出身者と言うだけで英語講師として採用されている方がかなりいます。 リーガン講師はTESOLと言うライセンスを保持しています。 これは「非英語話者に英語で英語を教える教授法」の資格です。

我々は日本人です。 当然日本語の間違いは個人のレベルにもよりますが間違いはありません。でもそれが文法的に外国人に説明できるでしょうか? 日本語の格助詞など理解されているでしょうか?

実は英語も同じで、専門教育を受けていないと現在完了ですら、ネイティブであっても説明できません。 こういう技は日本人の英語講師の方がはっきり言って分かりやすいです。

しかしながら、最近はフィリピン人講師が激安で受講できるのがオンライン英会話の特色です。 ともかく極めて安価で、一回のレッスンが200円もしないと言う実情があります。 それはフィリピンの物価が比較にならないくらい安いからに他なりません。 しかし、私がフィリピン人講師のレビューを見ても、かなり文法ミスがあり、「こんな人に教わるより日本人英語講師の方が100倍マシ」と言う講師もいます。 フィリピンの国語は英語ではなくタガログ語で、共通語が英語なだけで、正直綺麗な英語では残念ながらありません。

しかし、強敵はこのような激安フィリピン人講師で、それが質の高いネイティブ講師の価格下落に繋がり、安くしないと商売にならないと言う実情があります。 リーガン講師が以前務めたオンライン某英会話スクールなどは、講師報酬が30分が300円と言うのがありました。 人を安く使うために、日本の最低賃金にも満たない価格で、パートのように講師を雇用する企業の姿勢をつくづく感じました。

私はこのような人を馬鹿にしたようなオンラインスクールを行政の側から指導なりして欲しく思います。

現実の英語講師はネイティブであったとしても、労働基準法から乖離したものが多いです。 また、日本人に特化した方針(現実とはかけ離れた、日本人のコンプレックスを助長した教育方針)の他社も多いです。

私は皆さんに業者を見極める目で英会話スクールを選んで頂きたく思います。

一部規約の改定について(お試しレッスン、教室でのレッスン) *H31.4.10更に改訂

さくら英会話に訪れた皆様、ありがとうございます。 また、会員の皆様には、さくら英会話をいつもご利用頂きお礼申し上げます。

H31.4.10 新元号「令和」割引実施を始めました。(令和元年末まで、延長の可能性有)
お試しレッスンの割引として、表町栄町会館でのレッスンが3000円⇒2000円、訪問カフェレッスンが1000円⇒0円。 入会金が5000円⇒4000円。 会員の皆様への割引チケットが一律1000円割引販売いたします。 この機会にぜひ「さくら英会話」をお試しください。また既存会員の皆様にも、割引チケットを一律1000円割引といたしますので、費用から少しクラスを遠慮していた皆様も、もっと、さくら英会話のクラスが取れるようになりました。 この機会をぜひご利用ください。(割引チケット5回分は3か月有効です)

さて、ホームページをご覧のとおり教室での受講料金と、無料お試しレッスンを見直し入会される方のみ無料と致しました。 従って、お試しレッスンを受けて頂き入会されない方は、掛かる経費相当分のみお支払い願います。 経費実費は、教室でのレッスンが3,000円、訪問・カフェレッスンが1,000円です。 また、教室でのレッスンは500円強、値上げさせて頂きました。 殆どの方が割引チケットをお求めになっており、今までは教室でのレッスンが割引チケット利用で、一回3800円でしたが、現実3000円は最低でも経費が掛かっており、講師の時間単価が岡山県の最低賃金にも及ばず、正直赤字となっており、教室でのレッスンに限り、割引チケットご利用で一回4200円と、400円の値上げとなりましたが、赤字経営も出来ないので、ご理解のほどお願い致します。 また出張レッスン等は価格変更はありません。 今までどうりです。

また、お試しレッスンは、現実、経費が掛かること、若干ですがご入会されない方もいらっしゃったこと、これらから経費実費のみお支払い願うよう規約を見直しました。 ご入会された場合は入会金から経費実費を差し引かせて頂きますので、会員になられた場合は、お試しレッスンは無料です。 この辺り、諸事情をご理解頂き、さくら英会話にご興味を示され、残念にも入会に至らなかった方は、教室でのレッスンで3000円、出張レッスンで1000円の経費実費のみお支払い願います。

以上、皆さまのご理解のほど宜しくお願い致します。

日本人にとっての英語 #3(リーガン講師の夫)

なかなか、このコラムが書けませんが、#2で生の英語を聞くことをお勧めしました。

その例で、わたしの自宅でやっている方法をご紹介いたましす。
リーガンにとり、自国のテレビは、ここは日本なので当然見えません。 そこで活躍するのが、Google Chromecast 、もしくはAmazonのFire TVです。

どちらも、テレビのHDMI端子に接続します。 そして、接続した外部入力にテレビの入力切替を行うと、テレビでネットが見えるようになります。 この肝心なポイントは、YouTubeと連携している点です。 パソコンやタブレット、それやスマホでYoutubeのアプリを再生すると、右上にテレビのマークがあり、それをクリックするだけで、あら不思議、自宅の大画面のテレビでYouTubeが見えます。 googleやamazonのそのような装置と連携することにより、リーガンは我が家のテレビが、イギリスのテレビに早変わりします。 日本ではなかなかイギリスのドラマは市販や放映されていなく、かなり困るのですが、これがあれば、怖いものなしで、日本にきてからすぐ使うようになりました。 皆さんも、よろしければお試し下さい。 参考にリンクをあげます。

日本人にとっての英語 #2 (リーガン講師の夫)

どのようにして英語が聞き取れ話されるようになるのか・・・!?

なぞのような課題でもあります。

英語の聞き取りは、これは「本物の英語を聞き取るようにするしか」ないです。 これはわたしの意見ですが、英語教育関連書籍に付録としてついているCDがあります。 このCDをわたしはお勧めしません。 たしかにネイティヴが話している英語です。 それは正真正銘そのとおりですが、英語の発音に慣れるだけの価値しか私はないように思います。 それは「ネイティヴは誰もあんな話し方はしていない」からです。 英語は、連音(リエゾン)といい、文章になると、単語と単語がつながり発音が変化します。 あのCDの音声に慣れても、この連音に耳がなれないと、何を言っているのか、文章の中の単語と単語が区別(聞き分け)できないです。 また、アメリカ英語とイギリス英語のように、発音が異なる(英語ではアクセントといいます)場合もあり、たとえば、アメリカ英語でwaterは、tの子音が変化し、カナカナで書くと「ワーナー」のように聞こえますが、イギリス英語では、tを発音するので、このあたりも、イギリス英語とアメリカ英語の違いでもあります。

またイギリス英語は、日本語と似たところがあり「あいまいにぼかす、はっきりいわない」のが見知らぬ関係のなかでの礼儀となっており、このあたりが、多人種国家のアメリカとは異なるところだと思います。だから、アメリカ人は「なんでイギリス人は、あんなに回りくどく、古風な言い方を好むのだろう」と思う方もいるようですが、これは錯覚で、アメリカ人も良識ある人は、イギリス人と同じように遠まわしな言い方をしてきます。 少なくともイギリス人に対してはそういうイギリス風の言い方をしてきます。 アクセントがアメリカ英語なだけです。

すこし逸れましたが、さくら英会話にしろ、リーガン講師が生徒様に話している英語は、RPアクセント(BBCの英語)の外国人用の英語です。 かなり上級者の方でもリーガンは、外国人用英語で話しています。 たぶん、日本に住んでいて、英語を外国語とする日本人とばかり話すことが多いので、自然とそのようになるのだと思います。 ちなみに、リーガンがわたしに話す英語は「日本人の夫に話す英語」以上でも以下でもありません。 イギリスの実家に電話している英語などは、わたしにも2割分かればよいほうです。 彼女の父親の話しいる英語などは、ほとんど聞き取れません。

えっ、難しい!! では、どうしたらよいか。 わたしのお勧めは、英語圏のラジオ放送です。イギリスのラジオはほぼ全部(イギリスはラジオ放送はかなり以前からデジタル放送)が、インターネットでストリーミング配信されており、誰でも無料で聞けます。 パソコンでもスマホでもいつでも好きなときに聞けます。アメリカのラジオ放送も似たような状況だと思います。(アメリカのラジオをもっぱら検索したわけではないので断定はできませんが)。

他の方法は、YouTubeなどの動画サイトです。 これは、もう山ほど投稿されているし、違法合法は別にして、英語圏のテレビ番組録画もかなりあります。 これらをBGMのように聞かれることをお勧めします。

(長くなったので、次回につづく)

日本人にとっての英語(リーガン講師の夫)

皆さま、今日は。 こちらの講師の夫(日本人)です。

今回から、日本人にとり英語はどのようにすれば自由に話せ、また聞き取れるようになるかというコツのようなものを記載いたします。

最初に書きますが、近道はありません。 ちまたには、英語に関する書籍が山のようにあり、極端なのになると、ひと月で英語がペラペラになるような類の書籍さえあります。 ネイテイヴが執筆者であるのも珍しくありません。でも、すこし考えていただきたいのは、書籍は売れないと商売にならない点です。 誰もが受けるような話題にしないと、売れないです。 まず、このことを念頭において、意味のない書籍は買われないことをお勧めします。

外国語の学習は、これは絶えず外国語に触れて、浴びるほど英語を聞き、また英語で話すようにするしか方法はないです。 英語に限らず、言語というのは学問というよりスキルです。 たとえば、誰でも分かりやすい例として、ゴルフがあります。

ある人が、ゴルフがうまくなりたいと思い、ゴルフ道具一式(英語文法書などの教本)を買い、それを熟読して、それだけでゴルフができるでしょうか。 ゴルフに縁のない方なら、習い事ならピアノでも華道でも、なんでもよいです。 机上の習い事だけで、果たしてうまくなるでしょうか?

誰が考えても、習い事は絶えず練習するしかないですよね。 外国語も同じです。英語が話せるようになろうと思ったら、英語にただひたすら浸かるしかありません。

突き放すような意見ですが、次回は、では、どのようにして、英語が聞き取れ話せるようになるかなど、現実に英語で意思疎通ができる非英語話者の私の経験上から述べていきたいと存じます。

皆さまのご質問も受け付けます。 ただ、スパムなど迷惑が多い関係上、私が承認しないと寄せられたコメントは公開はされません。 ただ、まじめに寄せられた方のコメントは、すべて公開いたしますので、ご質問など疑問があれば、どなたでもかまいませんので、ぜひお寄せください。 また、私自身も妻に批判されるのですが、英語力が高いわけでもありません。 どちらかというと、机上の学問として学ばれた日本人の方のほうが、私など比較にならないぐらい英語力はあると思っています。

(つづく)